横浜市は、待機児解消のための整備事業として新規民間保育所設立と、多様な保育ニーズへの柔軟かつ迅速な対応のために市立保育園の民間移管をすることになりました。民間移管先については社会福祉法人に限定されました。
 このような背景と「子どもを真ん中に父母、地域と手をつなぎあって保育していくあおぞらの保育を拡げたい」という思いから、社会福祉法人「あおぞら」は、金沢区の谷津保育園の移管先に応募しました。そして、選考委員による厳しい調査、審査を経て平成17年度にあおぞらが選ばれ民間移管されました。

 
平成17年4月 「横浜市谷津保育園」移管 定員63名 
          「社会福祉法人あおぞら 谷津保育園」 運営開始
          初代園長 佐藤智子 就任
平成18年1月 一時保育事業実施
平成20年4月 第2代園長 芳尾寛子 就任
平成21年6月 「谷津保育園」から「あおぞら谷津保育園」に改名
平成23年3月 あおぞら谷津保育園 新園舎完成
平成23年4月 定員変更 63名→90名
          産休明け保育実施
          延長保育事業時間変更 20時→21時まで

1.産休明けから一貫した集団保育を通し乳幼児の全面発達を目指します。
2.働く父母の就労保障のできる延長保育をします。
3.障がい児保育の実践、研究に取り組みます。
4.地域の中で育児に悩む父母たちを支援し、子育てのセンターとなるよう努力します。
5.子育ての同じ願いを持つ父母たち、地域の人々、他の団体とも協力し、要求実現のため努力
  します。
6.乳幼児の全面発達を保障するために必要な職員の資質向上について積極的に取り組みます。
7.これらを進める上で不可欠な民主的運営を進めます。

定員 6名 12名 15名 18名 19名 20名 90名
年齢 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 合計

受入年齢:1歳児〜5歳児

平 日 :7:00〜21:00
土曜日:7:00〜18:30

休園日:日曜及び国民の祝日 年末年始(12月29日〜1月3日)

*年齢別保育(1歳児〜5歳児)
*障がい児保育
*一時保育(非定型的保育・緊急保育・リフレッシュ保育)1995年8月開始
*時間延長保育(7時から7時30分・18時半から21時)1996年4月開始
*完全給食
*地域活動(子育て相談・育児講座・あそぼ!会・各種行事参加・子育て新聞・
        園庭開放 月曜〜金曜)