Jan 18, 2006 10:26:07 PM  神奈川新聞 カナロコより

社会福祉法人に天皇陛下から御下賜金/横浜市

 横浜市で三つの保育園を運営する社会福祉法人「あおぞら」(神奈川区六角橋、井崎和夫理事長)に天皇陛下から御下賜金(ごかしきん)が贈られ18日、横浜市役所で伝達式が行われた。
 御下賜金は社会福祉事業を奨励するため毎年、12月23日の天皇誕生日に合わせ、全国の優良民間福祉施設・団体に贈られている。
 あおぞらは1955年、六角橋で「あおぞら保育園」の前身となる共同保育を開始。92年に社会福祉法人の認可を受けた。同地域に第2保育園を開設し、病後児保育を始めるほか、あおぞら保育園で市内初の24時間型緊急一時保育を導入するなど、先駆的な取り組みを行っている。
 2005年には市から「谷津保育園」(金沢区)の移管を受け、現在三園で約220人の園児を保育している。
 佐々木寛志福祉局長から伝達書と御下賜金を渡された井崎理事長は「名誉なことでうれしい。園長や保育士たちの励みになります。今後も保護者のニーズに応じた保育に取り組みたい」と喜びを表していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



写真撮影 社会福祉法人 あおぞら 常務理事 森 博